toggle

work

2020-03-29

店舗でも自宅でも、ガラスケースで「見せる収納」をもっと楽しく。

     


店舗でも自宅でも、ガラスケースで「見せる収納」をもっと楽しく。
  

 

 

雑貨屋さんやカフェの陳列棚の定番といえば「ショーケース」や「ガラスケース」ですが、最近ではだんだんとお家使いも当たり前になってきました。



今回、おかし工房Botanでもスコーンのディスプレイとして日々使用しているガラスケースに改良を加え、卓上型のガラスケースを商品化しました。



 

 

店舗では、

カウンターの上などに置いて雑貨やお菓子のディスプレイに使います。小ぶりでと取り入れやすいです。


自宅では、

キッチンカウンターの上に置いたり、机の上に置いてジュエリーケースとして使うのもオススメです。

 

 

 

古いガラスケースを、カフェやお菓子などで、食品などを陳列するショーケースとして使いたいという方もいる思います。


ただ古い物というのもあり、実際に食べ物をおさめるのは衛生面でかなり不安だったりします。



Botanのガラスケースは一から製作したものであり、健康に有害な有機溶剤を含まない、亜麻仁油をベースにした植物系天然オイルを使用しています。



 


Botanでは、家具に適した良材を使い、かまち組み工法などの伝統的な指物技術を継承した熟練の職人が必要な手間や技術を惜しみなく使いながら、日々製作しています。

卓上型ガラスケース

ナラ無垢材
幅60×奥行35×高さ40㎝

仕上 オイルフィニッシュ

色 ミディアムブラウン
消費税別 92,000円

オーダーお問い合わせ

TOPへ戻る